痛バッグ情報

(スポンサーリンク)

痛バッグの作り方の流れ

痛バッグの作り方の流れを簡単にまとめるとこんな感じです。

 

詳しく見たい場所は、各項目のリンクをクリックすると詳細ページに飛びます。

 

1.2は逆でもかまいません。

1.使用するカバンを用意する

かばんは、自宅にある不要なカバンでも、新たに購入してもOKです。

 

普通のカバンを使う人と、その作品やキャラクターのカバンを使う人もいます。
(公式のカバンを買うならアニメ・ゲームグッズの通販が便利です)
裁縫が得意な人は自作する人もいるんだとか。

 

缶バッジなどをつけるとカバンに穴が開いてしまうので
高価なもの、大切なカバンは控えたほうが良いと思います。

 

主流なのは、布製のトートバッグです。

 

デザインは大半が隠れてしまうので、それほどこだわらない方も多く
どちらかというと、好きなキャラクターのイメージカラーのカバンを求めている人が多いです。

 

痛バッグにするカバンの選び方
痛バッグに使うカバンの通販

2.取り付けるグッズを用意する

好きなキャラクターや好きな作品のグッズを用意します。

 

出来れば1人のキャラクターや1つの作品でまとめたほうが
デザインの良い痛バッグが出来、アピールにも最適です。

 

手持ちのグッズを使用しても良いですし、新たに買うのもアリです。

 

落としたり、盗まれたりする危険があるので
もう二度と手に入らないような高価なグッズは痛バッグには使わずに
自宅に大切に保管しておいたほうが良いでしょう。

 

アニメ・ゲームグッズの通販

3.配置を決める

ノープランでバッグにグッズをつけはじめると
スペースが余ったり、足りなかったり、バランスが悪くなってしまい
何度もつけなおすことになってしまいます。

 

缶バッジ等はカバンに無駄な穴が開いてしまいますし
大切なグッズを傷める原因にもなるので、出来るだけ一発で付けたいですよね。

 

 

だから実際に取り付ける前にカバンを平らな場所に置いて
実際にグッズを乗せて、おおまかな配置を決めてしまいましょう。

 

グッズの量が多い場合は、置いてからスマートフォンやデジカメで写真を撮って
その写真を見本に取り付けると、忘れないので便利です。

 

ちなみに大きなグッズ(ぬいぐるみ、ポーチ等)は先につけてしまった方が、残りのスペースが解りやすく、作りやすいです♪

4.取り付ける

デザインが決まったら実際にグッズを取り付けます。

 

同じグッズでもさまざまな取り付け方があるので
自分に一番合った取り付け方を探しましょう。

 

グッズごとの取り付け方は当サイトにも書いています。

 

グッズの取り付け方

5.落とさないように対策する

忘れてはいけないのはこの作業。

 

バッグにつけたグッズって、意外と取れやすいんです。
最悪の場合、同じキャラクターのファンにいきなり取られてしまう事件も発生しています。

 

まぁそんなことは滅多に無いですが、落とすのはよくあること。

 

特に缶バッジやストラップ等の金具部分は要注意。
普通に取り付けるだけでなく、他にも対策を施したほうが安全です。

(スポンサーリンク)